Du bist hier: Interpreten > B > Songtexte von Back Number > Songtext: Knock
Knock


夜の風が窓をたたく 君はうつむいている
涙流せない二人を言葉が遠ざけてゆく

ただなんとなく君だけはここにいてくれるような
理由もない思い込みが窓の外で ゆらり

泣きたいのに泣けないのは
たぶん誰のせいでもなくて
弱い僕と弱い君が精一杯想ってるだけ
君の顔が見えないのは
ずっと抱きしめているからだろう
そんな事に気付けぬまま
必死に目をこらすんだけど

君が何も言わないのは



結末を知っているからなの?
震える手に触れないのは

泣きたいのに泣けないのは
たぶん誰のせいでもなくて
弱い僕と弱い君が精一杯想ってるだけ
君の顔が見えないのは
ずっと抱きしめているからだろう
そんな事に気付けぬまま
必死に目をこらすんだけど

(c) 2008 - 2014 Songtexte-kostenlos.com